リアルなニューヨーク生活奮闘記!日々の出来事から役立つNY情報、活動後記など随時更新!

ニューヨーク在住もうすぐ8年、そろそろ情報発信する側に回り渡米後のリアルなNY生活の中で起こったこと思ったこと、人の役に立ちそうな情報など徒然なるまま書き綴っていく日記的ブログです。アメリカや海外生活、DJやアーティスト活動、ビザ取得など興味のある方はぜひお立ち寄りください♪ あなたが知りたかった情報が見つかるかも!

【NY・DJ・クラブ】ニューヨークは遂に氷点下!初雪の日にタイムズ・スクエアでDJ、ついでに写メ撮ってきた。

 前回のブログを書いている途中に降ってきた雪、そう今年の初雪だった!雪降る街ニューヨークではあるが、シーズン毎の初雪はもちろん一回のみ!昨日は貴重な初雪、しかも大雪!私はそんな日によりによって夕方から仕事!(笑)そんな初雪の日にタイムズ・スクエアでDJの仕事に出かけたので、ついでに写メを撮ってきたのでこのブログを見てくれている方のためにフレッシュでリアルな画像を交えてお届けしようと思う!

 

 さて、そもそもこの雪なぜにこんなに大雪?というナゾが頭を過ぎったので、こっちの気象情報のサイトをいくつか見て調べてみた。ら、、、ハーレムでバスがクラッシュしたり、近郊の空港で合わせて約500便の欠航、ポート・オーソリティーではバスが運行できずに大混雑するなど、あちこちで結構とんでもないことになっていたようだ!このストームは「アヴェリー」という名前でニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州に跨る広いエリアで影響が出たとのこと!?セントラル・パークでは6インチ(約15センチ)も雪が積もったそうだ。。⛄️

 

 初雪のタイムズ・スクエア

 下の写真が昨日、11月15日の夕方6時前の様子。かなりの大荒れで人も少なめ、交通課のお巡りさんがレインコートを着てブロードウェイ・チケット売り場のある47丁目の交通整理に追われていた。それにしても、この時期にニューヨークに観光で訪れた人たちはかなり予定が狂ってしまったことだろう。。せっかくの旅行なのにかわいそう。。

 

f:id:queensboro:20181116192052j:plain

 

 ブロードウェイと47丁目

 イエロー・キャブの屋根の看板も雪ですっかり覆われていた。この手のドライバーは雪なんか慣れっこなのでスピードを緩めるどころか、むしろ雪で歩きたくない客を次から次へと拾ってここぞとばかりにかまわずかっ飛ばす!これぞニューヨーク流!(笑)攻めの気持ちがなければこの街では生きていけない。

 

f:id:queensboro:20181116192802j:plain

 

 いつもなら人で賑わう木曜日のこのストリートもこのように人も無げ。

 

f:id:queensboro:20181116193035j:plain

 

 さほど歩くこともないだろうと高をくくってコンバースのオールスターを履いていった私の足元は仕事前だというのに水浸しになってしまった。。(泣)それでも、いつものルーティーンは崩さずに、近くのデリへお気に入りのコーヒー、ヘーゼルナッツ・バニラをゲットしに行く!以前にも書いたことがあるが、ニューヨークのDJのプレイ時間は長いのでこういった自分なりの楽しみ(私の場合はこのコーヒー)を見つけておかないと、長くて長くて心が折れそうになるのだ。(笑)

 

 いざ仕事へ向かう

 さぁそして、ここが私が昨夜DJをしたレストランの内部。一階と地下一階の2フロアがあり、ここは地下のバー・フロアの部分。中にいる人たちは外の雪のことなどまるで知らないかのようにいたって普通なのが可笑しかった。私は雪で濡れたジャケットを着てブースへ向かう。

 

f:id:queensboro:20181116193643j:plain

 

 お気に入りのヘーゼルナッツ・バニラ・コーヒーをいつもの場所に置きつつ、自分の機材をいつものように、いつもの位置に、いつもとほぼ同じ時間にセッティング完了!こういう部分は、イチロー選手の同じルーティーンをひたすら繰り返す部分を見習っている。(笑)ひたすら同じことを繰り返すことで、考えなくても手が勝手に動いてくれるようになるのでプレイ中のストレス・レベルがぐんと下がり、選曲とお客の反応にフォーカスできるようなるのでとてもラクに仕事が出来る♪

 

f:id:queensboro:20181116200409j:plain

 

 セッティングも終わり、プレイ開始♪ これがDJブースからの眺め。大抵私がプレイするこの夕方の時間帯は、何かしらのグループがプリベート・パーティー的なことをして貸し切っているので、ブース周りは一般客が入れなくなる。つまり、裏を返せばDJはこの貸し切りの団体客からのリクエスト責めに合うということでもある。(笑)この日もトータル何曲分のリクエストを受けたか知れない。。

 

f:id:queensboro:20181116195712j:plain

 

 ラテンなダンス

 この日のお客はちょいと年齢層高めだと感じたので、出だしはマイケルなどの無難なところからついて古めの選曲をしていたのだが、みごとに読みはハズレ!この日の団体客は、ラテン系の人が多めだったらしく、ラテン・ミュージックを多くリクエストされ、そこは柔軟に対応。というかむしろ私の得意分野なので、次々にスパニッシュな音楽をかけていった。サルサの定番曲をかけたところで、ダンディなおじ様が踊りだす♪

 

f:id:queensboro:20181116202909j:plain

 

 ラテンの人たちにとってはこういうダンスは当たり前なので、言ってみれば挨拶のような感覚で踊っている。そこに求愛だとか変な意味合いはなく、良い曲がかかったから一緒に踊りましょう♪といった楽しみ方なので、日本人の文化とはかなり違う。(笑)

 

f:id:queensboro:20181116202940j:plain

 

 歳をとってもこんなにお洒落でこんなにダンスが出来るのはカッコいい。あまりにもダンディーなので写真を撮りながらニヤけてしまった。自分もいずれかはこういうジジイになりたいものだ。

 

f:id:queensboro:20181116203023j:plain

 

 大好物のシズリング・アラチェラ

 さぁそして、レストランでDJの仕事をするさらなる醍醐味は!!これ!!

 

f:id:queensboro:20181116204647j:plain

 

 これが大好物のシズリング・アラチェラ!!ここでプレイするときの楽しみであり、このステーキが最高に美味い!!色合いがなんともメキシカン。トルティーヤは小さめなタイプが好きだ。

 

 おわりに

 ということで今回は、遂に氷点下になったニューヨーク初雪のタイムズ・スクエアのリアルな様子と、それを全く気にしていない陽気な人々の様子をお届けしてみたが、うまく伝わっただろうか!それではまた次回!!!

【海外生活・日常】マンハッタンのアッパー・イースト・サイドでお寿司の食べ放題がある穴場レストラン!

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひともお立ち寄りください♪

 

 先週の日曜日のセントラル・パークに引き続き、2日連続でアッパー・イースト・サイドに通うこととなった一昨日の月曜日は、久しぶりに会う友人のA氏と我々のお気に入りスポットである寿司レストランへ行ってきたので、今回はその様子をシェアしてみたいと思う!

 

 友人のA氏

 このA氏とはかれこれ4年ほどの付き合いになる。もともとは昔私が金曜日にレギュラーでDJをしていたタイムズ・スクエアにあるナイト・クラブでセキュリティーをしていた、198cmもある黒人の大男だ。マイケル・ジョーダンと同じ身長、とにかくデカイ。(笑)

 

 当時毎週末にそのクラブで顔を合わせていて、向こうも私のかける音楽を好んでくれていたこともあり自然と仲良くなった。時は経ち、私もそのクラブのレギュラーからも離れ、A氏も今はマンハッタンにある某有名レコード会社のセキュリティーをしている。そんな環境にいるため、彼は先日アリアナ・グランデのコンサートに娘を連れて行き、バックステージで本人と会わせるというサプライズなどもしてあげる良きパパの顔も持っている。

 

 お寿司の食べ放題 

 そんなA氏を、一度お寿司の食べ放題があるレストランに連れて行ったところ、いたく気にいったようで、それからというもの2〜3ヶ月に一度は二人でその場所へ食べに行っている。

 

 それがここ、「Yuka Restaurant」通称ユカ、またユカスシ。

 

f:id:queensboro:20181115030928j:plain

 

 写真ではちょっと見づらいが、「All You Can Eat, all day $25.95」というサインがある。All You Can Eatというのが英語で食べ放題のことで、このお店ではいつ行っても25.95ドルでお寿司の食べ放題をやっている!マンハッタンで、しかもアッパー・イースト・サイドでお寿司の食べ放題はなかなかの穴場と言える!

 

 往き方

 最寄り駅は3つあって、まずは最近2番街の96丁目まで開通したQトレインの「86st」駅。タイムズ・スクエア辺りから来るならこのラインが便利。駅も出来たばかりで綺麗でハイテク。

 

f:id:queensboro:20181115031957j:plain

 

 2つ目は同じストリートだが、2ブロックほど西側にある緑の「86st」駅。アッパー・イースト・サイドで最も栄えているストリートなので、買い物もするならこの駅から降りるのが良いだろう。角に「Bank of America」という銀行があるので、ATMに寄りながら行きたいときには私はこの駅で降りるようにしている。(笑)

 

f:id:queensboro:20181115032255j:plain

 

 そして3つ目は、緑のローカル「6」トレインしか停まらない「77st」駅。時間に余裕があって、なるべく人混みを避けたい場合はこの駅を利用するようにしている。

 

f:id:queensboro:20181115032639j:plain

 

 場所は2番街と81丁目の角

 地下鉄Qトレインが2番街に開通したことにより地価も上がり、この辺りには新たにビルがどんどん建設されている。

 

f:id:queensboro:20181115032940j:plain

 

詳しい住所とリンクはこちら↓

Yuka Japanese Restaurant | Order Online | 1557 2nd Ave, New York, NY | Japanese, Sushi Restaurant

 

 店内はこんなかんじで照明がやや暗めで、室温がやや低め。お世辞にも決してファンシーなレストランとは言えないが、何しろ食べ放題がある!

 

f:id:queensboro:20181115033806j:plain

 

 日本でよくある食べ放題のオーダーシートと同じ仕様。鉛筆が添えられている。日本との決定的な違いは英語で書かれている点だろう。魚の名前なので、私も半分くらいは分からないが、好きなネタだけ分かっていれば良いのだ。(笑)謎なものは食べ放題だし1つ2つ試しに注文してみればいい。

 

f:id:queensboro:20181115034040j:plain

 

 これはA氏が注文したもの。なんとも外人らしい好み!(笑)

 

f:id:queensboro:20181115034603j:plain

 

 対して日本人の私が注文したのがこちら。まぁまぁ良いチョイスではないだろうか?

 

f:id:queensboro:20181115034720j:plain

 

 さらに注文する。ワサビの量に注目していただきたい。こんなにいらない!(笑)

 

f:id:queensboro:20181115034951j:plain

 

 というわけで、日本で食べるお寿司のクオリティーやメニューからは少し外れるかもしれないが、このニューヨークでこの値段で食べ放題ができるのはかなり嬉しいこと!

日本が世界に誇る文化「Sushi」をニューヨークで安くたらふく食べたいという方はぜひ訪れてみてはいかがだろうか?

 

 それではまた次回!!!

【海外生活・日常】ニューヨークでオーガニックの食材を買うなら「Whole Foods」で!〜コロンバス・サークル編〜

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひともお立ち寄りください♪

 

 前回は紅葉で色ずくセントラル・パークの様子をシェアさせたいただいたわけだが、ご覧いただけただろうか?見逃したという方はぜひ↓

queensboro.hatenablog.com

 

 セントラル・パークを東から西へと散策・横断し、その後に我々が向かった先はコロンバス・サークル横のタイム・ワーナー・センター!

 

f:id:queensboro:20181114112428j:plain

 

 下の地図、公園の左下の角にある丸い所がコロンバス・サークル。その西側にあるのがこのタイム・ワーナー・センター。地下鉄A、C、B、D、そして1番線も止まるとてもアクセスのよい場所だ。

 

f:id:queensboro:20181113025739p:plain

 

 ちなみにこのタイム・ワーナー・センターの4階には高級ラウンジ・バーがある。以前に私がDJをした際の記事はこちら↓

 

queensboro.hatenablog.com

 

 というわけでこの巨大なビルディングの地下一階にある「Whole Foods」というスーパー・マーケットでお買い物。入り口を入って正面のエスカレーターで下る。

 

f:id:queensboro:20181114113207j:plain

 

 正式には「Whole Foods Market」といい、ニューヨークだけで15店舗ほどある有名オーガニック・ストア。

 

 ちなみにオーガニックとは、

 

化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食料品などをさす

 

 なので、健康志向の人や、食材にこだわる人、はたまた生まれて間もないお子さんを持つ人などが好むことで知られている。私の仲の良い友達も、幼い子供達がいるので食材は全て「Whole Foods」で買っていると言っていた。

 

f:id:queensboro:20181114113948j:plain

 

 店内にはありとあらゆる新鮮でオーガニックな食材たちが並んでいる。

 

f:id:queensboro:20181114114447j:plain

 

 しかも値段もけっこう良心的なのだ。

 

f:id:queensboro:20181114115158j:plain

 

 こちらは我が家でもかなり購入頻度の高い冷凍サーモンの真空パックされたもの。これは日持ちも良いし美味しいのでおすすめ!「Whole Foods」の冷凍食品は瞬間冷凍しているので味が落ちていないのが特徴的だ。枝豆なんかもサラッと茹でるだけでかなりのクオリティーだったりする。

 

f:id:queensboro:20181114115306j:plain

 

 海鮮ものも充実!!

 

f:id:queensboro:20181114115929j:plain

 

 これなんかは絶対に美味しいやつだ。(笑)

 

f:id:queensboro:20181114120047j:plain

 

 スイーツ類も何もかもが充実している!

 

f:id:queensboro:20181114120159j:plain

 

 そして最後にこの日の目的であったお肉のコーナーへ!しかしこれだけ写真を撮ったのにもかかわらず、ステーキ選びに夢中になり過ぎて撮るのを忘れてしまったのだが、無事にサーロインを二人分ゲット!!

 

 かなり歩き疲れていたうえに、食材を持って帰宅、、、愛する彼女と最後の力を振り絞って一緒に料理。見事なミディアム・レアのサーロインが焼けた!飲み物以外は全て「Whole Foods」で買った食材。

 

f:id:queensboro:20181114121840j:plain

 

 というわけで今回は、ニューヨークでオーガニックの食材を買うなら「Whole Foods」をおすすめ!それではまた次回!!!

【海外生活・日常】紅葉のセントラル・パーク、ザ・モール付近を散策!秋晴れの下ザ・レイクで初ボート体験!

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひともお立ち寄りください♪

 

 昨日は、愛する彼女とアッパー・イースト・サイドの本格派フレンチ・カフェで美味しい軽食を楽しんだわけだが☕️(こちらの記事↓)

 

queensboro.hatenablog.com

 

 その後にセントラル・パーク南部の65ストリート・トランスヴァースという道のちょい北側の「ザ・モール」や「シープ・メドウ」と呼ばれる辺りを散策、そして「ザ・レイク」で初ボート体験をしてきたので、今回はその様子をシェアしてみたいと思う!

 

 セントラル・パーク南部

 下の地図、セントラル・パークの南部、79と65ストリートを横切るトランスヴァースというそれぞれの大きな道路の間の約15ブロック分のエリアに「ザ・モール」や「シープ・メドウ」それから「ザ・レイク」という湖がある。ちなみに「トランスヴァース」とは横切るとか、横断する、といった意味で、車が東西を通り抜けできるための車道のこと。この巨大な公園をいちいち迂回していたらたまったものではないので、十数ブロックごとにこういった車用の「トランスヴァース」が設けられている。

 

f:id:queensboro:20181113072640p:plain

 

 歩行者のための公園への入り口はいくつかあり、68ストリートから歩いてきた我々は1つ北側の69ストリートの小さめのエントランスから入った。

 

f:id:queensboro:20181113030210j:plain

 

 ややしばらく歩くとこのような道にぶつかり、見事な紅葉が広がっていた🍁🍁🍁

 

f:id:queensboro:20181113030446j:plain

 

 ところによってはけっこう散り始めてきていた🍂🍂🍂🍂🍂気温はたしか10℃前後だったと思うが、風がなかったのでさほど寒くは感じなかった。

 

f:id:queensboro:20181113030537j:plain

 

 トンネル

 さらに奥へと歩くとこのようなトンネルがあり、「ザ・モール」と呼ばれる広場へと通じている。

 

f:id:queensboro:20181113070808j:plain

 

 壁には歴史を感じさせるクラシカルな模様が施されている。

 

f:id:queensboro:20181113075315j:plain

 

 ズーム・アップ!

 

f:id:queensboro:20181113071440j:plain

 

 ザ・モール

 ここが「ザ・モール」という広場。この日は韓国人の団体が友人カップルのプロポーズの場を準備している様子だった。他にも新郎新婦らしき人たちの撮影も行われており、この場所はウェディング系の行事にもよく使われるようだ。

 

f:id:queensboro:20181113075409j:plain

 

 ザ・レイク

 そして像の向こう側が「ザ・レイク」という湖。右手側に「ザ・ローブ・ボートハウス」というレンタル・ボートがあったので、予定外だったがせっかくの機会だし天気も良かったので二人でボートに乗ってみることにした! 

 

f:id:queensboro:20181113080410j:plain

 

 こんなかんじで何艘もストックされている。

 

f:id:queensboro:20181113081040j:plain

 

 料金所

 ぐるりと回り込むと乗り場が現れる。ここで料金を前払いする。

 

f:id:queensboro:20181113081521j:plain

 

 料金は1時間15ドル

 キャッシュ・オンリーで1時間15ドル、デポジットとして20ドル、合計35ドル渡すとレシートがもらえるので保管し、1時間以内に戻ってそのレシートを見せるとデポジットの20ドルが返金されるシステムだ。

 

f:id:queensboro:20181113081713j:plain

 

 いざ出発!

 

f:id:queensboro:20181113082059j:plain

 

 通常、カップルでボートに乗るとなると男が漕いで、、となるのだが私はどちらかというとインドアなタイプなのでこういうのはめっぽう苦手だ。というかボートを漕いだことがない!(笑)なのでさっぱり進まないことに彼女がやきもきし、席を交換しオールを渡すことに。結局半分以上を彼女が漕ぎ無事に湖を一周し時間内に戻ることができた。(笑)

 

f:id:queensboro:20181113082145j:plain

 

 コーラス隊

 ボートを返し「ザ・モール」へ戻るとハーレムの黒人グループがウッドベースの伴奏に乗せてコーラスを披露していた♪

 

f:id:queensboro:20181113082731j:plain

 

 自分たちのCDを15ドルで売っていた。チップもかなり稼いでいた様子♪ こういったコーラス・グループのレパートリーで非常に多いのがテンプテーションズの「マイ・ガール」という曲なのだが、この日彼らもその曲を歌っていた♪

 

f:id:queensboro:20181113083408j:plain

 

 並木道

 そしてここがセントラル・パークでもっとも有名な並木道!!景色そのものが素晴らしいので素人の私が撮ってもそれなりの絵になっているのではないだろうか?

 

f:id:queensboro:20181113083954j:plain

 

 まぁそれはともかくとして、この時期のセントラル・パークの紅葉は最高に見頃なので間に合えばぜひ足を運んでみてはいかがだろうか?今年は無理という方もいつかの機会に是非!

 

 ということで今回は、セントラル・パーク南部の紅葉を見ながらの散策の様子をシェアしてみた。それではまた次回!!!

【海外生活・日常】マンハッタンのアッパー・イースト・サイドにあるお洒落でおすすめな本格的フレンチ・カフェ「ベル・アミ」

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひともお立ち寄りください♪

 

 ゆっくりとした日曜日

 今日は仕事も休みの日曜日ということで、愛する彼女とお気に入りのフレンチ・カフェへ行き、日曜日らしいゆっくりとした時間を過ごすことができた☕️そしてここのカフェ「ベル・アミ」がとても素敵なところなので、この機会に紹介してみようと思う♪

 

 アッパー・イースト・サイド

この「ベル・アミ」のあるエリアは、ドラマ「ゴシップ・ガール」などで知られるアッパー・イースト・サイドの中でも南側に位置するヒストリック・ディストリクトと呼ばれ、セントラル・パークの南東側にアクセスしやすい位置にある。(赤いピンの立っている場所)

 

f:id:queensboro:20181112114837p:plain

 

 最寄り駅 

 最寄り駅は地下鉄の緑のライン「6」トレインの「68ストリート/ハンター・カレッジ」駅。名前の通り、ハンター・カレッジという大学前の駅なので覚えやすいかと思う。

 

 68ストリート

 お店の住所が、

30 East 68th Street New York, NY 10065

なので、駅を出たらそのまま68ストリートを西側に、セントラル・パークの方へ向かって2ブロック歩くと見えてくる。下の写真のとおりとてもこぢんまりとしたお店。

 

f:id:queensboro:20181112120510j:plain

 

 Bel Ami Cafe

 お店のWebサイトが、こちら→Bel Ami Cafe

ギャラリーに飛んでいただくとたくさんの写真があるので参考までに。というのも、このお店の店内は狭いのでパシャパシャ写真を撮りづらいのだ。(笑)唯一撮った店内の写真がこちら。フランスパンが雰囲気を醸し出している♪ 店員さんたちもとてもお洒落でナイスな方々で、お客も流石はアッパー・イーストというかんじのお洒落な人たちが多い。ご近所さんらしき年配の方々も割と多く飲み物とお喋りを楽しんでいる♪

 

f:id:queensboro:20181112121359j:plain

 

 おすすめのメニュー

「本格派フレンチ・カフェ」を謳っているだけにメニューはもちろんフレンチな内容になっている。詳細は上記のリンクからメニューに飛べるので参考までに。なかでもこの「Brie Truffle」というサンドイッチはとても美味しいのでおすすめ!飲み物は我々はラテを頼んだが、せっかくのフレンチ・カフェなのでカフェオレも良いだろう☕️

 

f:id:queensboro:20181112121647j:plain

 

 店前にはシティ・バイクのステーションがある

 

f:id:queensboro:20181112122414j:plain

 

 そして、「ベル・アミ・カフェ」の店前にはシティ・バイクのステーションもあるので、ミッドタウンで自転車を借りて→ここで返して→そのままカフェでひと休み☕️というプランもありだろう!シティ・バイクの利用方法に関しては私の過去記事を参考にしていただければと思う。

 

queensboro.hatenablog.com

 

 というわけで今回は、マンハッタンのアッパー・イースト・サイドにあるお洒落でおすすめな本格的フレンチ・カフェ「ベル・アミ」を紹介してみた!そして次回はセントラル・パークの紅葉を、写真多めでシェアしてみたいと思っているのでお楽しみに!それではまた次回!!!

【海外生活・日常】ニューヨーク→マンハッタン→チャイナタウン→食事!と言えば「ジョーズ・シャンハイ」が定番!

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひともお立ち寄りください♪

 

 NYチャイナタウン

 昨夜は用がありマンハッタンのダウンタウン(14丁目を境に、それより下のエリア)にあるチャイナタウンへ行ってきた。

 

  ニューヨークのチャイナタウンと言えば、この漢字のマクドナルドが有名だが、

 

f:id:queensboro:20181110004956j:plain

 

 今日は愛する彼女と久しぶりのチャイナタウンということで、せっかくなのでちゃんとした中華を食べようとかの有名な「ジョーズ・シャンハイ」へ久しぶりに行ってきた♪

 

 往き方

 最寄り駅は、地下鉄の黄色のN、Q、R、Wか、緑の6、茶色のJ、Zだが、青のA、C、または赤の1ラインからでも徒歩圏内。とにかく「Canal Street」という名前の駅なら何色のラインでも歩いていけるのですごく便のいい場所と言える。

 

 私の場合は基本的にグランドセントラルから6のダウンタウン往きに乗って向かう場合が多い。以前ハーレムの西側に住んでいた頃は、青色のAトレインで一本で降りてきていたものだが、なにしろニューヨークの生活は引っ越しが多いので土地勘も身につく上に電車を乗り継ぐスキルもすぐに上がる。(笑)

 

 いずれかの「Canal Street」という名のつく駅で降りたら、そのままキャナルを東へ向かって歩くとMottストリートという地味な通りがあるのでそこを右へ曲がろう。2ブロックほど歩くとPellストリートという細〜い通りがあるのでそこを左へ。目印は「優の良品」という看板のナゾの店、それが右手に見えたら左へ曲がるとこのPellストリートへ出る。

 

f:id:queensboro:20181110011519j:plain

 

 すると、ジョーズなんとかと書いてあるお店が出てくるが、ここは「ジョーズ・ジンジャー」という別な店なので紛らわされずそのままもう少しだけ歩くと、

 

f:id:queensboro:20181110012450j:plain

 

 右手に一軒だけやたらと行列のできているお店がある、緑色に黄色のサインが目印これがかの有名な「ジョーズ・シャンハイ」だ!

 

f:id:queensboro:20181110012726j:plain

 

 本当にいつ行っても混んでいる!!黄色いジャンパーを着ている人たちが受付けのスタッフなので、人数を伝えたら番号札を渡されるのでひたすら呼ばれるのを待とう。

 

f:id:queensboro:20181110013528j:plain

 

 店内は本場上海(行ったことはないが)の合席スタイルなので、グループの人数が少ない方が比較的待ち時間短めでどこかしらのテーブルにジョインできる。逆に人数が多くなれば、まとめて空く席を待たなければいけなくなるので、なるべく待ちたくないという方は少人数で行くことをおすすめする。ちなみに一人で行った場合はほぼ待ち無くすぐに入れたので参考までに。

 

 おすすめメニュー

 これは私の個人的なおすすめになるが、以下の3点でほぼ間違いないだろう!

 

・まず席についてソッコーで「小籠包」(ポークかクラブ、または両方とも)

・時間差で上海チャーハン

・お腹が空いていればプラスでチンジャオロース

 

 この注文の仕方でほぼ満足できるだろうと思うので、ぜひ頭に入れておいていただければと思う。ちなみにビーフ系の炒め物の中で店員のおすすめもチンジャオロースだったので間違いない。(笑)

 

 これが上海チャーハン ↓ 味加減が絶妙!!

 

f:id:queensboro:20181110014920j:plain

 

 というわけで、食べに夢中で他の品々は写真を撮るのを忘れてしまったが、上記の往き方と注文を参考にいつの日か訪れていただければと思う♪

 

 それではまた次回!!!

【海外生活・日常】ニューヨークでの日系の「焼き肉」を食べたい!クイーンズのフラッシングにオープンした「牛角」に行ってきた♪

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひともお立ち寄りください♪

 

 前回の記事ではニューヨークで小腹が空いたときにおすすめのメキシカンのベンダーのタコスについてシェアさせていただいたが、

 

queensboro.hatenablog.com

 

 今回は、ニューヨークでめちゃめちゃお腹が空いたときにおすすめの日系の焼き肉屋さんを紹介してみようかと思う!

 

 その名前は!「牛角」!

 

 ニューヨークの牛角

 まぁ日本にもあるチェーン店なので、なんだよ〜と思われる方も多いかもしれないが、ここニューヨーク(に限らず海外全般)に長く住んでいるとこういった日系のレストランの存在がいかに大切かということに気づかされるのである。(笑)ことお肉に関して言えば、アメリカンなステーキはいくらでもあるが、日本的な「焼き肉」というカテゴリーのお店、しかも「美味しい」と言えるレベルの焼き肉屋は非常に限られてくるので、念のためのニューヨーク・マメ知識程度に読み進めていただければと思う。

 

 というわけで!お肉大好きな私は、愛する彼女と友人2名で、クイーンズ区内に新しくオープンしたばかりの「牛角」にワイワイと焼き肉をつつきに行ってきたので、何枚かの写真をここでシェアしてみようかと思う!

 

f:id:queensboro:20181109083731j:plain

 

 正直なところ、私は日本国内で「牛角」さんに行ったことはないので味を比較することはできないのだが、おそらく決定的に日本と違う点は名前が「Gyu-Kaku Japanese BBQ」という点だろう!(笑)漢字の牛角の文字はあくまでもロゴ扱いだ。

 

 ちなみに店舗はもともとマンハッタン内に3つあったのだが、最近になってクイーンズのフラッシングという中国人のたくさん住むエリアにできたということで、今回はクイーンズ組でフラッシングへと車を走らせた。電車で行く場合は紫の7番線の終点なので分かりやすい。

 

 お店のモットー的な文章も英訳されてメニュー裏に載っている。日系のお店と言ってもスタッフは全員現地人で日本人は一人もいないのだが、社員教育は徹底しているらしく大きな声で「イラッシャイマセー!!」と出迎えられる。日本の「いらっしゃいませ」文化は、長く日本を離ると少し違和感を覚えるのは私だけか。。我々のテーブルを担当していたスタッフはエルサルバドル人でかなり親切で愛想がよく、気が利く方だった。

 

f:id:queensboro:20181109084602j:plain

 

 枝豆は、「イダマーミ」と発音されアメリカ人にもけっこう好きな人が多い。まずは牛タンはスタート、安定の旨さ!

 

f:id:queensboro:20181109085556j:plain

 

 続々と注文の品々が運ばれてきて、どれも美味しい!ニューヨークの焼き肉屋さんでは網の上に筒型の換気扇が設置されていることが多いのだが、ここは網の横から吸い取られる仕様で筒型はなかった。どちらかというとこっちのタイプの方がすっきりしていて良い気がする。

 

f:id:queensboro:20181109115417j:plain

 

 モツ肉は個人的にあまり馴染みがなかっただけに今回試してみて美味しさがわかった♪

 

f:id:queensboro:20181109121711j:plain

 

 というわけで昨夜は、私とはまた違った方面で活躍する日本人の友人たちとの久しぶりのリユニオンを楽しんだ♪ かなり日記的な内容になってしまい恐縮だが、ニューヨークでの和的な部分が少しでも伝わっていればと思う!

 

 住所とウェブサイト

 今回行ったクイーンズのフラッシングというエリアの「Gyu-Kaku」の詳しい住所とウェブサイトはこちら↓

 

40-52 MAIN ST, FLOOR 2 FLUSHING, NY 11354

www.gyu-kaku.com

 

 ニューヨークで焼き肉の気分になった際にはおすすめのスポット!それではまた次回!!!

 

【海外生活・日常】ニューヨークで小腹が空いたときはストリートのベンダーが主流!!〜メキシカン・タコスを試してみよう〜

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひともお立ち寄りください♪

 

 日本にはいたる所にコンビニがあって、小腹が空いたときは菓子パンやおにぎりなど美味しい(というか日本人の味覚に合うもの)がわりと気軽に手に入ると思うのだが、ここニューヨークでは残念ながらそうもいかない。。

 

 そんなときに!

 

 割りかしやすくて、小腹を満たしてくれるそこそこ美味しい気軽なフードを売っているところと言えば、ベンダー!

 

 ストリートのベンダー

 要はこんなかんじで道端によく見かける屋台的なやつだ。よほどのセレブでもないかぎり、ニューヨークでベンダーを利用したことがない人などほぼいないだろう。(笑)それぐらいポピュラー。

 

f:id:queensboro:20181108065652j:plain

 

 そう、このベンダーもピンキリで「チキン・オーバー・ライス」や「ホットドッグ」などいろんなタイプのものがあるのだが、今回は私も個人的に好きで、ニューヨークではかなり主流と言えるメキシカン・タコスを紹介してみようかと思う!🌮

 

 上の写真はクイーンズ区内にある私のお気に入りのメキシカン・ベンダーの一つだが、今回はせっかくなので隣り合っている別な方を試してみることにした。

 

f:id:queensboro:20181108070738j:plain

 

 ニューヨークで見かけるこのメキシカン・ベンダーはほぼ本物のメキシコ人がやっているので、味付けやトッピングもきっと本場のやり方と同じだものと思われる。なので美味い!「メキシコ タコスとケサディリャ」という店名か。ケサディリャはタコスの倍くらいの大きさでチーズを使ったものやチキンやビーフがある。

 

f:id:queensboro:20181108070903j:plain

 

 メニュー

 これがメニュー表。タコスは1個3ドル、安い!ブリトーやナチョスもある。

 

f:id:queensboro:20181108071915j:plain

 

 その他のメニューが下の写真。タコス屋と言っても意外にメニューは幅広い。

 

f:id:queensboro:20181108071746j:plain

 

 食べていくか、持ち帰るか

 注文する際にたいがいは「Eat here or to go?」と聞かれるので、今回は持ち帰って写真を撮りたかったので、「To go」にした。ちなみにスペイン語ではその場で食べるときは「Para aqui」(パラ・アキ)、持ち帰るときは「Para llavar」(パラ・リャヴァル)と言い分け、語尾にお願いしますという意味の「Por favor」(ポル・ファヴォル)を付けると通じるので、参考までに。

 

 To go してみた

 今回はビーフを1つ、ポークを1つ注文して持ち帰りにしてみた🌮🌮グリーンとレッドのソースがだいたいついてくる。赤の方がホットソースでめちゃめちゃ辛いので、サイドにコーラが必要となってくる。(笑)これで合計7ドル、もちろんキャッシュ・オンリー!

 

f:id:queensboro:20181108072613j:plain

 

 帰ってさっそくアルミホイルを開けてみるとこんなかんじ!ベンダーのタコスは基本的にトルティリャが二枚巻きになっている。(レストランで食べると一枚のところもある。)ソースも全部かけてみた!何度か食べていると、ラディッシュと呼んでいる赤い皮のダイコン?が、またいい味を出してると気付いてくるので、参考までに。ダイコンは一緒に包む店と、分ける店があるが、ここは中に混ぜ込んでいた。

 

f:id:queensboro:20181108073601j:plain

 

 ひとつひとつが意外とデカいのだ。トルティリャが柔らかいので、力むと写真のよう破れてしまうので気をつけよう!(破れた悪い例 ↓ 笑)

 

f:id:queensboro:20181108074436j:plain

 

 お味の方は? 辛美味い!!

 

 というわけで、今回はニューヨークで小腹が空いたときに試してみたいストリートのベンダー、メキシカンのタコスを紹介してみた!また機会があれば別メニューもレビューしてみたいと思っているのでお楽しみに♪

 

 それではまた!!!

【NYお役立ち情報】ワールドトレードセンターから徒歩5分!ニューヨークのダウンタウンで缶詰めアート展「Canstruction」開催中!

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひお立ち寄りください♪

 

  昨日一日中降り続いた雨も上がり、今日は快晴の秋空となったニューヨーク、気温13℃。

 

先日から気になっていた、缶詰めを材料としたアート展「Canstruction」という催しがダウンタウンで行なわれており、今日は天気が良いことを理由に朝から足を運んできた。

 

カンストラクション??

 カンストラクションとは

 おそらく主催者がつくった造語で、缶を意味する「Can」と工事を意味する「Construction」をかけているなかなかユニークなネーミングだ。

 

 往き方

 電車を乗り継ぎ、Eトレインの終点ワールドトレードセンター駅で降りる。駅を出ると駅名の表記が「Chambers Street」になっているのがいつも謎なのだが、、

 

f:id:queensboro:20181108025032j:plain

 

 そのまま気にせずポストオフィスの南側の通り「Vesey Street」をワールドトレードセンターに向かって歩こう。

 

 本日のワールドトレードセンター!いつ見ても高いっ。

 

f:id:queensboro:20181108025151j:plain

 

 Vesey Streetを西へ歩くこと約5分、左手に「ブルックフィールド・プレイス」と書かれた建物が現れる。この建物の中に入ろう!

 

f:id:queensboro:20181108025336j:plain

 

 館内へ入る!入場無料

 入るといきなり巨大なリスがお出迎えしてくれる!🐿

 

f:id:queensboro:20181108031836j:plain

 

 材料はもちろん!缶詰め!(笑)魚とトマトソースか??

 

f:id:queensboro:20181108032028j:plain

 

 こちらは何やらサボテンのような一見すると普通の丸棒だが、スタッフに「ここから見ても何の意味もないよ、向こう側から見てごらん」と言われ、

 

f:id:queensboro:20181108032252j:plain

 

 反対側へ回り込むと!?ウミガメかマンボウ?が表れるわけだ。(笑)

 

f:id:queensboro:20181108032637j:plain

 

 こんなものもあり、

 

f:id:queensboro:20181108032903j:plain

 

 2階へ上がる

 面白くなってきたのでエスカレーターで2階へ!

 

f:id:queensboro:20181108032951j:plain

 

 缶詰めの寄付箱

 ウェブサイトには入場は無料だが、2階に缶詰めの寄付ボックスがあると書かれていたのがこれ!「Non-Perishabe Food」つまり、「腐りやすくない食べ物」の寄付を募っている。遠回しに、缶詰め入れてってね、というアメリカ人らしい表現だなと思いつつ、、

 

f:id:queensboro:20181108033123j:plain

 

 中を見ると、けっこう入ってる!!家からパスタソースの一つくらい持ってこればよかったと後悔。。

 

f:id:queensboro:20181108034248j:plain

 

 2階のアートたち

 さらに進むと、巨大な工具箱や、

 

f:id:queensboro:20181108034529j:plain

 

 ティンバーランド風のブーツや、

 

f:id:queensboro:20181108034643j:plain

 

 こういった手の込んだものも!ドラムと書いてあったのでパーカッションか?

 

f:id:queensboro:20181108034811j:plain

 

 館内はこういった吹き抜けの広々としたつくりになっていて、周りの廊下にそれぞれのアートが展示されているかたちだ。

 

f:id:queensboro:20181108035033j:plain

 

 午前中だったので、保母さんたちに連れられた子供たちが多くはしゃいでいた😊

 

f:id:queensboro:20181108035238j:plain

 

 これなんかは子供たちにはたまらないであろう!(笑)

 

f:id:queensboro:20181108035444j:plain

 

 インドの代表的建築「タージ・マハル」か?

 

f:id:queensboro:20181108035609j:plain

 

 目覚まし時計?

 

f:id:queensboro:20181108040011j:plain

 

 この缶詰めアート展「Canstruction」は、11月2日から始まっており、11月15日の水曜日まで連日10AMから8PMまでオープンしている。最終日の15日だけは6PMでクローズするようなので、ご注意を。もしこの期間内にニューヨークを訪れる機会のある方はワールドトレードセンターと合わせて、半日かけてダウンタウン観光するといいかも。

 

 詳しい住所 と 公式ウェブサイト

「Brookefield Place」

 230 Vesey St, New York, NY 10281

bfplny.com

 

 おわりに

 ちなみにこの「ブルックフィールド・プレイス」は裏口からハーバーへもアクセスできるので、歩き疲れたらサンドイッチとコーヒーでも買ってここでひと休みできる☕️

 

f:id:queensboro:20181108031432j:plain

 

 天気の良い日を見計らって訪れてみてはいかがだろうか?それではまた次回!!!

【海外生活・日常】いよいよニューヨークのブライアント・パーク・ウィンター・ヴレッジ2018が始まった!!〜お店やスケートリンク最新画像あり〜

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひお立ち寄りください♪

 

 今回は、ようやく記事にまとめたいと思っていた「ブライアント・パーク・ウィンター・ヴレッジ 2018」の様子をシェアしていきたいと思う!これはニューヨークの冬の代名詞の一つと言っていい素敵な催しなので、知っていて損はない!一昨日に行ってきたばかりで新鮮な画像が多めなので、ぜひ写真目的だけでもよいので最後まで目を通していただければ幸いだ☆彡

 

 それではさっそく!

 

ブライアント・パーク・ウィンター・ヴレッジ 2018

 最寄り駅

 

 最寄り駅はもちろんブライアント・パーク駅。オレンジのラインのBDFM、それからクイーンズ方面から7番線でもアクセスできる。42丁目と5番街に位置するマンハッタンのど真ん中、タイムズ・スクエアの東隣だ。

 

f:id:queensboro:20181107034904j:plain

 

 公園内にあるたくさんのお店

 

 南北と西側の3箇所から公園にアクセスができ、南側の40ストリートから入るとこのように夏には無かった仮設のお店がたくさん並んでいる。

 

f:id:queensboro:20181107035521j:plain

 

 一つ一つのお店はこぢんまりとしていて、いろんなタイプのお店が公園を囲むようにずらりと並んでいる。

 

f:id:queensboro:20181107040003j:plain

 

 ぬいぐるみ(パペット?)屋さんもあればジュエリーストアもある。

 

f:id:queensboro:20181107040308j:plain

 

 ちょっとしたパブリック・スペースもあり、To Goしたコーヒーなどを飲みながらお友達や恋人とのおしゃべりを楽しめる。

 

f:id:queensboro:20181107040448j:plain

 

 スケートリンクとエンパイア

 

 そのお店たちに囲まれるかたちで公園のど真ん中に設置されているのがこのスケートリンク!ニューヨークの冬のイメージというと野外でスケート?という絵が思い浮かぶ方も多いと思うが、ここはその中の1つで何と言ってもエンパイア・ステート・ビルディングを背景にスケートできるというのが最大の魅力ではないだろうか!

 

f:id:queensboro:20181107040751j:plain

 

 どういう仕組みでこんなスケートリンクが設置してあるのか謎だが、実際にはかなり大きなリンクでいつ行ってもたくさんの人たちが滑っている☆彡

 

f:id:queensboro:20181107041247j:plain

 

 子供も大喜び(笑)

 

f:id:queensboro:20181107041603j:plain

 

 フードコート「アーバンスペース」

 

 そして、リンクの北東側に「アーバンスペース」というガラス張りのひときわ大きな建物があって、中に入るとフードコートのようになっている。

 

f:id:queensboro:20181107041724j:plain

 

 好きなものを買って、席に座って食べられるのはどこのフードコートでも一緒だが、ここはさすがマンハッタンの中心地だけあって入っているテナントのレベルが高く、どれもこれもお洒落で美味しそうなものばかり☆彡どれにしようか迷ってしまうのも無理はない!(笑)

 

f:id:queensboro:20181107042059j:plain

 

 この日、私と愛する彼女はまだお腹が空いていなかったので、かるくドーナツとラテをシェアすることにした🍩☕️

 

f:id:queensboro:20181107042530j:plain

 

 どれもこれも美味しそうなので選ぶのに時間がかかったが、この重ねてあるタイプのドーナツをゲット☆彡写真を見ていただければ味は言うまでもあるまい。(笑)

 

f:id:queensboro:20181107042901j:plain

 

 フォトブース

 

 入り口付近にはフォトブースもあって無料で撮影 & email送信してくれるのだが、クオリティーはかなりお粗末なものだったのであくまでも無料のオプションという印象(笑)

 

f:id:queensboro:20181107043138j:plain

 

 おすすめチョコレート

 

 「アーバンスペース」内を楽しみ、最後は近くにあるこのチョコレート屋さんでチョコをゲット。店員さんはとても愛想が良く、我々が日本人だというと「カマナイデ」と言ってきた。ここのチョコレートはフワフワのタイプで、お店のモットーが「No Chewing Allowed!」つまり、噛むことが許可されていないです、という意味なので「噛まないで」と言うわけだ。(笑)

 

f:id:queensboro:20181107044102j:plain

 

 今回は、バラ売りのタイプを10個で10ドルで購入。噛まずに口に入れると30秒くらいで全て溶けてしまう柔らかさ!怒ってイライラしている人ですらこれを1つ食べさせたら顔が綻んで優しい気持ちになってしまうかもしれないくらい、それぐらい甘々で美味しいチョコなのでいつか機会があれば是非とも試していただきたい☆彡

 

f:id:queensboro:20181107043444j:plain

 

 というわけで、今回はいつもより写真と流れ星マークが多めになってしまったが、「ブライアント・パーク・ウィンター・ヴレッジ 2018」の様子うまく伝わりご堪能できただろうか☆彡

 

 最後に、本日はエレクション・デーというアメリカ国内の選挙の日なので、もし興味のある方は私の過去記事を参考にしていただけれと思う。↓

 

queensboro.hatenablog.com

 

 それではまた次回!!!

【海外生活・日常】明日、2018年11月6日はエレクション・デー!アメリカでは選挙の日は市民の休日?それとも祝日?少しだけ知識をつけておこう!

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひお立ち寄りください♪

 

 今回は、アメリカ国内の各種メディアが放送し続けている選挙について、私自信の勉強も兼ね、引用分も含めここでシェアしてみようと思う。アメリカの時事ネタに興味のあるなあなたにはぜひ目を通していただけたらと思う。

 

f:id:queensboro:20181106060300j:plain

 明日、11月6日はエレクション・デー

 どうやら多くの分析家が、今年2018年の選挙は歴史的に重要な意味を持つとみているようだ。その理由は、2018年の選挙がまるで大規模なデモをもたらした2010年(オバマ大統領によるオバマ・ケアという保険制度の導入に反発する動きがあったのは記憶に新しいだろう。)に似ているからだという。かつて2010年にオバマ大統領の政策に反発した動きがあったように、今年2018年はトランプ大統領を支持する郊外に住む白人層にとって同じようなリスクをもたらすだろういう見方らしい。

 

 では、そもそもこれはどんな日なのか、ということに触れてみよう!

 

 エレクション・デーって何?

アメリカ国内の公職者、つまり大統領までのあらゆるレベルの国家、州、地方の政府代表者を選ぶために一般投票が行われる日のこと。通常、選挙日は11月の第1火曜日とされるため、11月の2日〜8日の間になる可能性が高い。今年2018年は11月6日の火曜日になる。

 

 エレクション・デーは祝日?

選挙日は14州の祝日とされており、一般市民にとっては休日となる。学校やほとんどの企業は閉鎖される。

 

 アメリカ市民はどんなことをするの?

選挙の日は、アメリカ市民は地方、州および国レベルで公職の候補者に投票をすることができる。偶数年では、連邦選挙が常に行われ、4で割り切れる年には、大統領選挙が常に行われる。地方および州の関係者の選挙は、それぞれの地方および州の法律に応じて、奇数年または偶数年に開催されることがある。市民が投票する方法は、住んでいる州によって異なる。

 

 というかんじで、投票に関する方法などは州によって様々なようだ。今回の見どころはトランプ大統領とオバマ元大統領の対決、移民の規制に関する問題や保険制度の見直し。マイノリティーや有色人種の白人への対立問題、それから女性議員の立候補者が多いことなどから今回の投票は女性の方が多いとみられているようだ。

 

 まぁどうなることやらだが、今後も各種メディアをチェックしながら動向を見守っていきたいと思う。硬い話で興味がない方にとってはつまらなかったかもしれないが、今回は「時事ネタ」ということで明日の選挙についてシェアさせていただいた。

 

 次回そこはブライアント・パークの様子をシェアさせていただこうと思っているのでお楽しみに!!!

【海外生活・日常】マンハッタンの北東部、イースト・ハーレム116丁目に行くときに寄りたいB級グルメのお店たち!

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひお立ち寄りください♪

 

 さぁ今日からいよいよニューヨークは夏時間から冬時間に変わり、時計の針が1時間巻き戻された!昨夜の2時にスマホの時刻が1時に戻り、なんとも言えない得した気分を味わいながら眠りへ落ちた。(笑)再度になるが、下に詳しい記事を貼っておくので興味のある方はご覧になっていただきたい。

 

queensboro.hatenablog.com

 

 というわけで、今日は用があってマンハッタンの北東部、イースト・ハーレムというエリアの116丁目まで行ってきたので、せっかくなので116丁目に行く際に寄りたいおすすめのお店たちをここでシェアしてみたいと思う! 

 

 まずは行ったことのない方のために分かりやすく、グランド・セントラル駅からスタート!アップタウン行きのローカル、緑色の「6」トレインに乗り込む。

 

f:id:queensboro:20181105114921j:plain

 

 グランド・セントラルから9番目の駅「116 ストリート」で降りる。するとこの116丁目とレキシントン・アベニューの交差点に出る。この116 ストリートと、さらに上へ上がった125 ストリートがイースト・ハーレムというエリアの主要なストリートになっている。マンハッタンの中でもスペイン語を話す人口が多いので、別名「スパニッシュ・ハーレム」とも呼ばれている。

 

 Ben E King というアーティストの「Spanish Harlem」という曲ではまさにここのことを歌っている♪

 

f:id:queensboro:20181105115308j:plain

 

 赤丸で囲んである、セントラル・パークの北東に位置するエリア。最近ではだいぶマシになってきたが、マンハッタン内ではまぁまぁ物騒なエリアとされている。ただ他のエリアと比べて比較的家賃が安いことと、日系コミュニティのあるミッドタウン・イーストまで緑のラインで通いやすいことから日本人に人気のあるエリアの一つと言える。

 

 かく言う私も、過去に7ヶ月間ほど住んでいたことがあるのでかなり土地勘があるわけだ。(笑)

 

f:id:queensboro:20181105120859j:plain

 

 ではまず一つ目に寄りたいお店がここ!

 駅を出てすぐにある「クラウン・フライド・チキン」ここのフライドチキンを食べたらもうケン◯ッキーのチキンは食べられなくなってしまうと言っても過言ではないくらい余裕で美味い!衣に何か仕掛けがあるのか不明だがとにかく風味があって、たまに無性に食べたくなる!

 

f:id:queensboro:20181105121556j:plain

 

 だから今日は久々にミックス・チキンを買ってみた。(笑)これで8ドル。安っ!

 

f:id:queensboro:20181105122830j:plain

 

 こういう小ぢんまりとしたお店で見逃しそうになるが、見逃し厳禁のお店だ。

 

f:id:queensboro:20181105123056j:plain

 

 もう1つのお店は、116ストリートを2ブロックほど東へと歩く。途中こういった出店がいくつもあるので夜も賑やかな通りだ。

 

f:id:queensboro:20181105123314j:plain

 

 プエルト・リコの旗があるので、おそらくプエルト・リコ人だろう。プエルト・リコについて、私が旅行した際の記事はこちら↓

 

queensboro.hatenablog.com

 

 さらに進むとこういったメキシカンのデリが並んでいるが、さらに東へ歩く。

 

f:id:queensboro:20181105124041j:plain

 

 そうすると見えてくるのがこの「タコミックス・グリル」というタコス屋さん!ここのタコスはビーフ、ポーク、チキン、全て美味い!1個2.75ドルで、トッピングなども好きなものを入れたり退けたりと、言えばいくらでもやってくれる良心的なお店だ。一緒に付いてくるハラペーニョ・ソースが鬼辛いのだが、慣れてくると気持ちい〜辛さに変わり病みつきになる!(笑)私のお気に入りはビーフ・タコス♪

 

f:id:queensboro:20181105124231j:plain

 

 そんなこんなで、久しぶりに行ったが今日も何やら物騒な雰囲気なのでこの辺で引き返してきた。

 

f:id:queensboro:20181105124909j:plain

 

 それでは、次回は冬期恒例のブライアント・パークのスケート・リンクとポップアップ・ストアの様子をシェアしたいと思っているのでお楽しみに!!!

【NYお役立ち情報】ニューヨークで初めて洗濯をする人向け!コインランドリーの使い方を画像付きでわかりやすく解説!〜永久保存版〜

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひお立ち寄りください♪

 

 アメリカではいよいよ今夜、日付けが変わった 2:00AM にサマータイムが終わり、時間が1時間巻き戻される!明日の朝は起きたらお家の時計や腕時計を全て1時間巻き戻すことをお忘れなく!!

 

「デイライト・セービング・タイム」についての詳しい記事はこちら↓

queensboro.hatenablog.com

 

 というわけで、昨日は仕事もお休みだったのでゆっくりと洗濯をしたのだが、せっかくなのでニューヨークのコインランドリーをまだ使ったことがないという方のために、画像付きでわかりやすく解説してみようと思う!

 

 ではさっそく!!これが、私のいきつけのランドロマット。いたってどこにでもあるような普通のやつだ。

 

f:id:queensboro:20181104082226j:plain

 

基本的な使い方

 ウォッシュ編

 まずは重い洗濯物を担いで中に入ると、このようなマシンたちが並んでいる。

 

f:id:queensboro:20181104082808j:plain

 

②空いているところを見つけて自分の洗濯物を放り込む。

 

f:id:queensboro:20181104083358j:plain

 

③洗濯物を入れたらフタを閉める。レバーが下向きになっているので、

 

f:id:queensboro:20181104083645j:plain

 

④グイッと上げてロックをかける。

 

f:id:queensboro:20181104083941j:plain

 

⑤マシン上部のゴムのフタをめくるとこんなふうに書いてあるので、左側に洗剤、右側に柔軟剤を入れる。(真ん中はブリーチを使うときなので基本的に使わない。)

 

f:id:queensboro:20181104084152j:plain

 

 おそらくニューヨークでもっともポピュラーな組み合わせがこれ。2つ合わせても15ドル、普通に一人で使う分には3ヶ月くらいはもつのではないだろうか。ちなみに私は柔軟剤が重いので、プラスチックの小さな容器に移し変えてその日使う分だけ持ち込むようにしている。これら全て99セントショップだと安くで買える。

 

f:id:queensboro:20181104084540j:plain

 

⑥洗剤と柔軟剤を入れたら、水温が「COLD」になっていることを確認(写真の一番右側のボタン)して、25セントコインを8枚入れる。ただし、値段は住んでいるエリアや店によって違ってくるのであしからず!ちなみに水温を「WARM」や「HOT」にするとあなたのお気に入りの洋服たちが物の見事に縮み、😭になるので注意しよう!!(笑)

 

f:id:queensboro:20181104085315j:plain

 

⑦コインを入れるとマシンが自動で動き出す。私の経験上ウォッシュは脱水まででだいたい27分間くらい。この中途半端な時間こそが、ランドリーが(ニューヨークの生活の中で)一番ダルいと言われる由縁だろう。(笑)

 

f:id:queensboro:20181104085807j:plain

 

 ドライヤー編

 ここからいよいよ乾燥に移る!

 

①ウォッシュが終わりマシンが完全に止まったらレバーを下げてフタをアンロックし、写真のようなカゴに脱水が終わった洗濯物を入れてドライヤーマシンまで運ぼう。

 

f:id:queensboro:20181104090344j:plain

 

②だいたいこんなかんじで上下2段になっているので、空いているマシンに放り込む。ここでも傷めたくない・縮めたくない大事な洋服は除けておこう!かくいう私もうっかり混ぜてしまい大事なビンテージTシャツがシワシワに縮んで😭😭😭になった経験がある。。

 

f:id:queensboro:20181104090056j:plain

 

③乾燥かけるものだけを選んでマシンに放り込んだら、コインを入れる。だいたい一枚で7〜8分が相場で、45分〜50分回せばだいたい乾くだろう。ちなみにコインを入れる際に注意したいのが、上のマシンに入れた場合は矢印が上を向いている方の投入口へ、下のマシンに入れた場合は矢印が下を向いている方の投入口へ入れることを忘れずに!これを間違えると「Oh My God」と呟くことになる。(笑)

 

f:id:queensboro:20181104092937j:plain

 

 以上がニューヨークにおける基本的なコインランドリーの使い方になるがお分かり頂けだろうか?最強にわかりやすい自信があるので、もし困っているお友達や知人の方がいたらぜひともこの記事リンクを送ってあげて頂けたら幸いだ。

 

 ニューヨークでの生活というときらびやかな部分にフォーカスしがちだが、実はこういった地味ぃ〜なことの方が多いものなのである。(笑)

 

 それではまた次回!!!

【NYお役立ち情報】グリーンカード抽選の申請締め切り間近!ニューヨークの申請代行サービスはここなら10分で完了!

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひお立ち寄りください♪

 

抽選締め切り間近!

 今年のハロウィーンはどこでDJできるかな?なんて考えて10月を過ごしていたらあっという間に11月に突入!「ん〜何か忘れている気が・・・」そうだ、グリーンカードの抽選締め切り日が近い!ということで昨日の仕事前に少しだけ早く出掛けてパパッと申請を済ませてきた。

 

 数年前までは私もアルバイト生活をしていたので、毎年この時期になるとバイト先などで「グリーンカードの抽選した?」「まだ!いつまでだっけ?」みたいな会話がどこからとなく聞こえてきていたので、「早めにやっておこう!」と10月のうちに済ませていたものだが、ここ数年はDJの活動が忙しくなり周りはほぼアメリカ人。なので、「グリーンカード抽選」という話題が上ることは皆無だ。(笑)むしろ、抽選なんかあるのか?といったところだろう。

 

 無料で全て自力でやるか、有料で一瞬で済ませあとはプロに任せるか

 先に言っておくがこの抽選はアメリカ政府の公式ウェブサイトから無料で申請ができるものだ。もちろんどこにいても。ただ、写真を撮って文字を入力して、、、と如何せんややこしいし、何か不具合(例えば、写真の規定や文字入力の間違い)が会った時に自分では気付きにくいことがある。という独自のセオリーから私は毎年「Doi Camera」という日系の写真屋さんが行う申請代行サービスというものを利用している。もちろん有料のサービスになるので、「そんなもん自分で出来る」という優秀な方は読み進んでいただいても退屈かもしれない。(笑)

 

 それでは、前置きが長くなってしまったが早速「Doi Camera」さんの代行サービスに興味のある方向けにわかりやすくシェアしてみたいと思う。

 

 行き方

 まずは、最寄り駅グランド・セントラルで降りる!

 

f:id:queensboro:20181102181833j:plain

 

 時計台をスルーして西側の出口へ!

 

f:id:queensboro:20181102181943j:plain

 

 ウェスト・バルコニーと書かれた階段を上がり、

 

f:id:queensboro:20181102182052j:plain

 

 上りきった出口を出る!

 

f:id:queensboro:20181102185658j:plain

 

 するとここへ出る。

 

f:id:queensboro:20181102182201j:plain

 

 出口を出て右手側、つまり北に向かってこのヴァンダービルと・アベニューを3〜4ブロック歩くと、

 

f:id:queensboro:20181102182301j:plain

 

 まもなく46ストリートにぶつかり、

 

f:id:queensboro:20181102182504j:plain

 

 北東のコーナーにとても小さな店舗がある、これが「ドイ・カメラ」さん。

 

f:id:queensboro:20181102183307j:plain

 

 お店に入ると、日本人のスタッフさんたちが親切に対応してくれるので、「グリーンカードの申請代行お願いします」と言えば申請の用紙と書き方の見本を渡されるので、その見本を見ながら必要事項をボールペンで記入。ちなみにこの日、私はパスポートを持参するのを忘れてしまったのだが、この申請自体にはパスポート番号は必要なかったので、ほぼ手ぶらで行ってOKだ。ただでさえ煩わしいことが多いニューヨークでの生活、ひと手間省き安心を買うという意味でも私はこういったサービスを重宝している。

 

 撮影も一瞬!

 写真屋さんなので、こういったフォトブースで一瞬で撮影してくれる。写真の具合と用紙の誤字脱字のないことを確認したら、あとは代金59ドルをカードか現金で支払って終了!滞在時間は約10分ほど。翌日には記入したメール・アドレスに登録完了のお知らせと登録番号が記入されたemailが届くという流れだ。

 

f:id:queensboro:20181102184245j:plain

 

 選択は自分次第、自由の国アメリカ

 こんなかんじで、無料で自力でやるか、ちょっとしたお金を払ってプロに任せるか、そもそもグリーンカードの申請なんかしないか(笑)、もちろん選択はあなた次第!ただ、こういったサービスを利用したいという方は11月6日までにここへダッシュ!

 

 ということで、今回はニューヨークでグリーンカード抽選の申請代行サービスをしているお店の紹介をしてみた。これがどこかで誰かのお役に立てたならば幸いだ。それではまた次回!!!

【海外生活・日常】ニューヨークの老舗ジャズ・クラブの一つ「Birdland Jazz Club」で巨匠「Ron Carter」の生演奏を聴いてきた♪

 ニューヨークには様々な音楽の老舗クラブが存在するが、昨夜はジャズ好きなら誰もが知る老舗ジャズ・クラブの一つである「Birdland Jazz Club」で、巨匠ベーシスト「Ron Carter」の生演奏を聴いてきたので、その様子をシェアしてみたいと思う♪

 

Birdland Jazz Clubとは

 

 まずは、ご存知ない方のためにも簡単に「Birdland Jazz Club」のウィキってみると、

 

バードランドは1949年12月15日にニューヨーク市で始まったジャズクラブである。1986年、マンハッタンのシアター・ディストリクト地区にある同名のナイトクラブが開設され、元のナイトクラブの場所から遠く離れた場所ではなく、1986年に復活が始まった。

 

 という文字通りの老舗クラブで、44丁目の8番街と9番街の間にある。公式ウェブサイトがこちら → https://www.birdlandjazz.com/

 

 巨匠ロン・カーター率いる「Ron Carter's Golden Striker Trio」が11月3日まで演奏を行なっている。チケットも意外と買いやすい値段なのだ。

 

f:id:queensboro:20181101132802p:plain

 

 私がジャズを知ったきっかけ

 私自身は長年ダンス・ミュージック系のDJをしている人間なのだが、20代前半の頃からヒップホップのサンプリング・ソースをディグる意味で古いジャズのレコードを集めていたことから、当然このロン・カーターのレコードも何枚か持っている(日本の実家に)。とくに好きだったのは「Yelloe & Green」というCTIレコーズから1976年にリリースされたアルバムで、何度も聴いていた覚えがある。また、渡米する前の話になるが、ロン・カーターが南青山にある「ブルーノート東京」で来日公演をした際にも一度聴きに行ったほどだ。

 

 そんなこんなで、先日たまたまニューヨーク在住のジャズ好きな方とお話をした際に、「ロン・カーターが好きなんですよ!」と言ったらこのライブのことを教えていただき、今回足を運んできたというわけだ。

 

 バードランドへ初潜入

 初めて入ったのだが、老舗らしく数々の伝説のジャズ・アーティストの写真が所狭しと壁に飾られていた。

 

f:id:queensboro:20181101235513j:plain

 

 別な壁にもこのようにビッシリ!いつも思うことだが、ジャズ・アーティストの演奏している様は何故こんなにも絵になるのだろう。

 

f:id:queensboro:20181101235848j:plain

 

 チケットはテーブル席とバー席の2種類、今回は別で食事をする予定だったのでバー席をとった。バーの向こう側がステージ、みなロン・カーターが現れるのを待つ。

 

f:id:queensboro:20181102000132j:plain

 

 演奏が始まる♪

 ついにロン・カーター率いる「Ron Carter's Golden Striker Trio」が現れ演奏開始♪ なんとも渋く洗練された演奏♪ ウッド・ベースを奏でているのがロン・カーター。

 

f:id:queensboro:20181102000520j:plain

 

 あまり画質は良くないがズーム・アップ。「渋すぎ。」

 

f:id:queensboro:20181102000949j:plain

 

 こんなかんじで、昨夜はハロウィーンで仮装している人々を横目に老舗ジャズ・クラブ「Birdland Jazz Club」に足を運んできた。若干仮装していこうかと迷ったが、やはりここには誰も仮装客はいなかったので少しフォーマルな普段着で出かけて正解だった。(笑)

 

 このようなライブやイベントはニューヨークではたくさん行われているので、また機会があればシェアしていこうと思う。それではまた次回!!!