リアルなニューヨーク生活奮闘記!日々の出来事から役立つNY情報、活動後記など随時更新!

ニューヨーク在住もうすぐ8年、そろそろ情報発信する側に回り渡米後のリアルなNY生活の中で起こったこと思ったこと、人の役に立ちそうな情報など徒然なるまま書き綴っていく日記的ブログです。アメリカや海外生活、DJやアーティスト活動、ビザ取得など興味のある方はぜひお立ち寄りください♪ あなたが知りたかった情報が見つかるかも!

【NY・DJ・クラブ】今日はブルックリンでレコーディング!有名アーティスト御用達のスタジオがここ。

 

f:id:queensboro:20181011071236j:plain

 

 前回は、マンハッタンのアップタウンに位置する「ハーレム」というエリアについて紹介させていただいたが、今日は、「ブルックリン」に楽曲のレコーディング作業のため行ってきたので、それについて書いてみようかと思う。

 

 昨日ご紹介したハーレムとは真逆に位置し、ニューヨーク市内の5区のうちの一つでもっとも面積の広い区がこの「ブルックリン」。その中の北側の「ブッシュウィック」と呼ばれるエリアに今日は行ってきた。

 

 このブッシュウィックというエリアは「Lトレイン」沿にあり、アーティスト系の人間の住処といったニュアンスの場所である。最近ではヒップな街「ウィリアムズバーグ」の発展に伴い、「イースト・ウィリアムズバーグ」と称されることもある。ブルックリンの中でも白人とスパニッシュ系の多いエリア。

 

 その一角にある「The Brewery Recording Studio」という有名なスタジオで今日は2時間のレコーディングセッションを行ってきた。EDM界のスーパースター「Skrillex」や、奇しくも先日亡くなられたラッパー故「Mac Miller」、今をときめく歌姫「Jhene Aiko」などなど錚々たるアーティスト御用達のスタジオとして知られている。

 

参考までに↓

http://breweryrecording.com/

 

f:id:queensboro:20181011073318j:plain

 

 個人的には、2年ほど前にここのチーフ・エンジニアの方にお願いしたことがあったので、2年ぶりに2度目の利用だったが今回もとても快適なセッションとなった。

 

 簡単にこのスタジオについて紹介してみよう。Lトレインの「Grand Street」という駅で降りそのままGrand Streetを南に1ブロック半ほど歩く。

 

f:id:queensboro:20181011082848j:plain

 

すると、右手になんとも地味ぃ〜な入り口がある。

 

f:id:queensboro:20181011082749j:plain

 

右上のブザーを鳴らす。

 

f:id:queensboro:20181011083018j:plain

 

中に入ってみると、外からは想像できないようなオシャな空間。ウッディーでなんともブルックリ〜ンな雰囲気。

 

f:id:queensboro:20181011083205j:plain

 

ちょっとしたバーもある☕️🍺

 

f:id:queensboro:20181011083227j:plain

 

 ニューヨークは基本室内禁煙。セッションルームに入ると大きなソファーがあり、ここで歌詞を書いたり、曲のアイディアを練ったり、はたまた大人数のセッションにも対応できる空間になっている。サンルーフがあるので、音楽スタジオにありがちな「閉じ込められてる感」もゼロ。

 

f:id:queensboro:20181011083733j:plain

 

 アウトボード類もかなり充実している。

 

f:id:queensboro:20181011084237j:plain

 

 今日は2時間のセッションで十分満足なレコーディングができた。エンジニアの方もとてもナイスで、こちらの要望にサクサク対応してくれた。これからもし、ニューヨークで録音できるハイクオリティーなスタジオを探すようなことがあるなら、この「The Brewery Recording Studio」はかなりオススメできるスタジオだ。

 

セッションの予約・支払いはここから

オンラインでできる↓

http://breweryrecording.com/

 

 というわけで、今回はブルックリンでのレコーディングについて紹介してみた。それでは、また次回!